痴女評議委員会

痴女・SM女王様AVレビュー、痴女に関する妄想と考察

痴女AVレビュー

【レビュー】 爆乳キャバ「ちちクラ★りな」 Jcup 109cm 河瀬リナ

直球ド真ん中の正統派痴女が登場。かなりすごい。

作品情報

爆乳キャバ「ちちクラ★りな」 Jcup 109cm 河瀬リナパッケージ写真

赤いモノを見たら最後、彼女の中のサド性が覚醒し、骨ヌキになるまで精子を絞りとられてしまう。そして客は恐れをなして寄りつかなくなる。彼女に身も心もボロボロになるまで犯されたいという甘い妄想を抱きながら…皆さん、真っ当な人生を送りたいのであれば、店に行く時は赤いモノにはくれぐれも気をつけてください。アナタの今後の人生に支障をきたします。(120分)

シリーズ 爆乳キャバ,
出演 河瀬リナ,
メーカー クリスタル映像,
レーベル ちちかか,
発売日 2011/6/10
特徴 手コキ,巨乳,騎乗位,フェラチオ,首絞め

痴女評議委員会レビュー

パチべえ:この作品における河瀬リナさんの痴女ぶりは、まさに王道です。横綱相撲です。仕掛け無し、待ったなしのプレイの連続。ずばり、快作です。
スケ2さん:横綱相撲だよね、この巨乳。天然だね、明らかに。
パチべえ:天然ですよね。ただ、天然巨乳だから横綱相撲って言ったわけじゃないんですよ。小細工無しの堂々とした痴女プレイだってことを言いたいんです。
スケ2さん:小細工って、何?
パチべえ:フェチ的要素をあまり入れてないってことですね。パンスト美脚だとか、手袋で手コキするとか。この爆乳すらもフェチ的にはあまり使ってない気がしましたね。もっと言うと、河瀬リナさんってそんなに美人じゃないんです。いや、見終わったときにはもうキュンキュンきましたけど、でも一般的に美人というタイプじゃないんです。そのうえ、画面も暗めです。場所もシティホテルとか、なんか狭い場所で、地味です。カンパニー松尾的ハメ撮り感を出したかったのかも知れませんけど、カン松でも夜のシーンだけ抜き出しました的な暗さです。つまり、非常に不利な戦いを強いられてるわけです、河瀬リナさんは。
スケ2さん:要するに、欲情する仕掛けがあまり無い状態だってことね。
パチべえ:そうなんですよ。ですから、ほんとに女優さんに痴女性がないと、トホホな仕上がりになる危険性が高かったわけです。男の潮吹きみたいな明確なゴールがあるわけでもないし、ペニバンみたいな視覚的凌辱装置も無いし。爆乳ですけど、AVSとかのヌラヌラした巨女の圧迫感あふれるシチュエーションでもないですし。
スケ2さん:素の痴女性ね、素の。
パチべえ:難しいですよ、これ。なのに、どんどん引き込まれちゃうんです。もう、文字通り、身を乗り出してしまいました。どんな目で男を見るか、どんなタイミングで男を見るか、そしてどんなことを喋るのか。どんなふうにフェラチオしたり手コキするのか。パンツを脱がせたときの反応とか。そういう基本的なところだけでグイグイ見せちゃうんですね。初めて見る女優さんですし、パッケージにちゃんと名前も出てないのですが、ここまで逸材とは思いませんでした。これからばんばん痴女作品に出て欲しいですね。
スケ2さん:パッケージを見た瞬間は、ナイタイの韓国デリの広告かよ、と思ったよね。画像修正しすぎだよね。
パチべえ:黒目をおっきく塗っちゃう修正ですよね。あれやると、みんな韓国デリヘルの風俗嬢みたいになるのが不思議ですよね。
スケ2さん:しかも、「赤いものを見ると痴女になる」っていう、訳がわからないし、興味もわかない設定じゃない。よく考えるとおもしろいんだけどね。「痴女になるには理由がある」っていう世間一般の認識が表れてて。男が女を誘うのに理由はいらないのに、女性には理由が必要なんだよね。
パチべえ:そうそう、「痴女とは病である」ってことですもんね。
スケ2さん:ただ、そういう思想の作り手だと思うと、ますます作品の出来が不安なわけで、それこそ、なんで見たんだって思うよね、パッケージだけだと。
パチべえ:まー、私、キャバ嬢もの、とくにおっぱいパブ系だと思ったんですよね。おっぱいパブと混浴温泉ものに目がないんですよね、私。
スケ2さん:目がないし、何事においてもいっこうに芽もでないしね。
パチべえ:芽はでてますよ、ほら、私の股間にかろうじて。
スケ2さん:おお、たけのこの里かと思ったよ。
パチべえ:ところがですね、シーン3になるんでしょうか、シティホテルでADを誘惑するシーンのすごさですね。これ、保存版です。おそらく、これから何回も繰り返し見ると思います。
スケ2さん:最初っから、なんかちょっとすごいかも、っていう感じはしてたんだよね。目つきが並みのAV女優さんとは違った。本気で男をいじめて楽しんでる雰囲気が放散してたよね。
パチべえ:これから見る方のために、細々書きませんけど、要は、シーン3では男の首を絞めながらスルんです。それもシーン2でヌカれてヘロヘロになった男をもう一回勃たせるというシチュエーションで。そして、男は首を絞められると勃っちゃうんです。この男、雰囲気はそうでも無いんですけど、体質が真性M男なんです。これ、めっちゃくちゃ興奮しました。そして自然に男に馬乗りになって両手首を押さえつけるんです!
スケ2さん:女性が上になって男の両手首を押さえつけるのを、河瀬リナさんは自分から自然にやったように見えるんだけど、それってすごいよね。これまで、痴女でーす、男いじめるの好きでーすって方々に、ちょいちょいとはお願いしてきたけども、何も言わないで自然にされたのは1回しかない。その人は本物だった。河瀬リナさんも本物だ。
パチべえ:「ちちかか」っていうレーベルはクリスタル映像だったんですね。またクリスタル映像かって感じです。クリスタル映像には、これからも一生お世話になるんでしょうね。

-痴女AVレビュー
-, , , , , , , ,